« ボジョレ・ヌーヴォー2010 | トップページ | フレンスブルガー ピルスナー 樽生 »

2010年12月26日 (日)

カリラ30年 by BB&R

カリラってのは、前にも書いたけれど、面白いウイスキーだと思う。オフィシャルの12年はアイラとしてはとても飲みやすいタイプで、バーなどでボトルを入れてしまうと、あっという間になくなるので要注意である。ところが、ボトラーズものには、これぞアイラって感じの濃厚でヨード臭の強いものがある。ノンチルフィルタでトロッとした感じである。ボトラーズには外れもあるんだけど、カリラはあまり外れない気がする。カリラって言うけれど、スペルは「CAOL ILA」。アイラ海峡って意味ですね。

20101225003221_2

今回飲んだ30年は、ブレンデッドスコッチのカティサークを企画した英王室御用達のボトラーズBB&Rのもの。30年ってことで「失ったものもけっこうあるんだろうなぁ」などと思っていたのだが、間違いであった。香りは若干地味だったものの、アイラらしいスパイシーさをキープした上で見事なバランスに仕上がっていた。

そもそも30年も樽で寝かせていれば、いわゆる「ANGEL SHARE」でかなりのアルコールが飛んでしまうと思うのだけれど、それでも58度以上を維持していて、相当に良い樽を使っていると推測される。

久しぶりに30年なんてのを飲んだけれど、30年前の1980年といえば学生の頃。ウイスキーといえば、安いバーボンかせいぜい「角」だった。光陰矢のごとし、ですなぁ、、、。

|

« ボジョレ・ヌーヴォー2010 | トップページ | フレンスブルガー ピルスナー 樽生 »

コメント

適度にパンチ力があるけどバランスいい逸品ですね。確かに良質のポートエレンをも上回るものを感じました。

投稿: きたの | 2010年12月26日 (日) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198316/50403282

この記事へのトラックバック一覧です: カリラ30年 by BB&R:

« ボジョレ・ヌーヴォー2010 | トップページ | フレンスブルガー ピルスナー 樽生 »